白鳥の歌 ~ノロ・ニブ・ドジから巧速を目指す~

マイペース過ぎると評価された元知的ブルーワーカーが、 巧速を目指すトライ&エラーを綴るライフハック集+時々随筆。

樺沢紫苑『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』:勝手に苦しさが消えていく究極の方法とは?

仕事で苦手なことがあって、それを克服する手法を知りたく、読みました。

「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~

「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~

 

感想としましては、書いてあるとおり、「苦しい」を「楽しい」に変えるには、技術と投資が必要なんですが、これはそもそも技術の紹介本であり、これを読んだらできるようになるというわけではなく、こういう方法を知った、じゃあこの内容を実行してみようかなと思うのが大事な本だということでした。

色々な手法を上げた上で、いちばん大事なことを最後に書くことで、読者が間違った行動をしなくしている。

では、一番大事なこととはなんでしょう?

それは、最終章に書いてあります。 続きを読む

実用に耐えうるようになった、音声入力の勧め

以前にも1度試したことがありましたが、パソコンに文字を入力するのが面倒臭くて、音声入力をするようになりました。

以前はパソコンのマイクに向けて喋っていましたが、今はandroidEvernote上で、Simejiを起動して喋っています。

結果:実用性十分

素晴らしいです。

ノートパソコンを開かなくても入力ができるし、スマホ持ってベッドに寝転がって文字を入れることもできますので、とても楽です。

続きを読む

大平信孝「先延ばしは1冊のノートでなくなる」:多分良いことが書いてあるのに、読み難い

これ、ツイッターで絶賛されてたから読んでみたんですよ。

先延ばしは1冊のノートでなくなる

先延ばしは1冊のノートでなくなる

 

 内容は、「自分が本当に好きなことをしよう」系のハウツー本です。
傾向としては、以前にご紹介した、ジュリア・キャメロン『The Artist's way ずっとやりたかったことを、やりなさい』と同系統です。 

swngsng.hatenablog.com

 『ずっと~』は、アーティスト活動をしたいのにしていない人を行動するように啓発する本ですが、これはアーティスト向けではなく、もっと普遍化した内容の本です。
完全日本人向け、ビジネスパーソン向けと言っても良いですね。

続きを読む

Marie「箇条書き手帳でうまくいく」:読み難いが、やってみるかって気にさせる

※今回の記事は、薄めです。さらっと書いています。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
 

 

 バレット・ジャーナルへの取っ掛かりに

続きを読む